15年落ち 車 税金

15年落ちの車の税金について

自動車税、重量税は新車登録から13年経過で15%上昇します。

 

1500ccクラスの自動車税は39,500円ですが、13年経過とともに45,400円にまで上がってしまいます。

 

アメリカ車などの大排気量(6000cc〜)では111,000円ですが、13年経過で127,600円にまで膨れ上がってしまいます。

 

重量税についても同様で、1500kgまでのクラスで24,600円が13年経過で34,200円になります。

 

なぜ増税されるのか、お国の見解としては、古い車であれば排出ガスの濃度が濃いことや、同じ規格であれば現在の車と比較して重量が重いことから、舗装道路などが痛みやすいため、改修を行う際の費用の補填として考えられています。

 

13年以上経過した車は増税してしまうので、排気量の大きな車であれば貨物車両として登録変更する手段もあります。

 

いわゆる、4ナンバーや1ナンバーに変更してしまうことで節税の効果が見込まれます。

 

重量税では基本的に節税方法はありませんが、自動車税は排気量によって変動します。

 

しかし、貨物車両であれば一律の料金となるため、排気量の大きな車であればあるほどメリットは大きくなるでしょう。

 

3000ccクラスの自動車税は
58,600×2年で117,200円です。
貨物車両になると
年間8,950円となり、年間50,000円ほど安くなります。

 

このように、15年前の古い車になると、新車のようなメリットが少なくなり、維持費も多く発生してしまいます。

 

これに加え、18年経過するとさらに5%の増税がありますし、故障箇所も増えてきます。

 

大切な車であれば、修理や増税後の支払いも苦ではありませんが、日本では車に長く乗り続けることに大きなメリットはありません。

 

日本の政策が新車を売る方向へシフトし続けているため、海外の先進国よりも圧倒的に税金が高く、車の維持費も高額になり、維持をしていくのも困難です。

 

車検やオイル交換などのタイミングでに売却を勧められるでしょう。

 

このようなことから、13年、18年を節目に買い換えを検討される方が大半です。

 

軽自動車に関しては、海外の安全基準を満たしていないため基本的に輸出することは出来ませんが、普通乗用車については海外での需要が大きいため、売却の際にも比較的値段がつきやすい傾向にあります。

 

特にディーゼル車は中東で人気が高く、20年前の車であろうとも20万円以上の値が付くことも珍しくありません。

 

高額な税金を支払い続け、車を維持していくか。

 

海外での需要を考え、早めの売却を検討するか。

 

今一度、増税の観点から見直すことをオススメします。