15年落ち 車 下取り 買取

 

ディーラー下取り価格『0円』の愛車が、無料の一括査定を利用すると、なんと『32万円』に!!

 

>【無料】15年落ちの愛車の買い取り最高価格を45秒で調べる<

 


 

  • 15年前の車にそもそも下取り額がつくかな?
  • 15年落ちの車でも高く売れる方法はないのかな?
  • 次の新車の購入費用のたしにするにはどうしたらいいのかな?

 

このように、15年たっぷり連れ添った愛車とはいえ、手放すとなると、「そもそも査定額がつくのか?」という不安がある一方で、「少しでも高く売って、次の車の購入資金にあてたい」という気持ちがあるのではないでしょうか?

 

このページでは、「15年落ちの車」について、下取り・買い取りを中心に買い替えを検討するときに役に立つ知識をお伝えします。

 


15年落ちの車のディーラー下取り価格相場

人気車種の2018年の下取り価格

対象車種 下取り価格
トヨタ カローラフィールダー 2003年式 Sリミテッド 0円
ホンダ フィット2003年式 1.5T 0円
トヨタ ウィッシュ 2003年式 Z 0円
ニッサンキューブ 2003年式 トラビス 0円
ニッサンマーチ 2003年式 14c-four 70th-U 0円
トヨタ イスト 2003年式 1.5F Lエディション HIDセレクション 0円
マツダ デミオ 2003年式 1300B 0円
トヨタ ノア 2003年式 X エルセオエディション 0円
トヨタ アルファード 2003年式 0円
トヨタ エスティマ 2003年式 0円

引用:トヨタ 下取り参考価格情報(2018/9/9基準)

 

15年落ちの車のディーラー下取り価格は、基本的には0円です。

 

しかし、人気車種であったり、走行距離が5万キロ未満で故障箇所なかったり、状態がよければ下取り価格がつく可能性があります。

 

ですが、基本的には15年落ちの車は処分代がかかると言われてしまうケースもある程、下取り価格には期待できません。

 

自分の車の下取り価格を調べてみよう

 

先の表は、トヨタと日産の公式ホームページで調べることができます。車の車種、年式、グレードを選択すると、下取り参考価格が表示されます。両社とも、他のメーカーの車種も選択できます。

 

トヨタ 下取り参考価格情報
日産 下取り価格参考シミュレーション

 

試しに、トヨタの下取り参考価格情報で、15年前の2003年に販売台数が日本一だったカローラフィールダーを調べてみました。
トヨタ カローラフィールダー 2003年 Sリミテッド

 

結果は、「参考価格なし」となってしまいました。「参考価格なし」とはどういう意味なのでしょうか?検証のために、年式を上げていきます。

 

トヨタ カローラフィールダー 2008年式 1.5X→参考価格なし

 

2004、2005、2006、2007、2008と年式を上げていったのですが、10年前の2008年式のモデルでも参考価格なしです。

 

トヨタ カローラフィールダー 2009年式 X202→23万円

 

9年前の2009年式を入力して、ようやく23万円の参考価格がつきました。下取り価格がつく場合は、このように価格が表示されることが分かりました。

 

「参考価格がありません」ってどういう意味?

トヨタに電話したところ、「参考となるデータがないため、このままお電話かインターネットから査定を申し込んでいただくと、お客様のお車に合わせた額が分かるかと思います。」このように言われました。

 

参考価格がない=下取り価格0円?

つづけて聞いたところ、「参考となるデータがない場合にそのように表示されます。」と言っていました。

 

なので、必ずしも「参考価格がありません」と表示されているからと言って、下取り額が0円というわけではないようです。ですが、9年落ちの車が23万円だとすると、15年落ちの車はほぼ0円に近いと考えてよいでしょう。

 

実際に下取り査定をしてもらえば何とかなるかも?

「そうは言ってもあくまで参考だから、実際に査定してもらえばなんとかなるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、ヤフー知恵袋でも、やはりきびしい回答が多いです。

 

質問:下取り又は買い取り価格が知りたいです。スズキ エブリィ ジョイポップ 4wd ターボ 平成14年式 走行17万キロ 車検30年4月

 

ベストアンサー:15年落ち、17万キロ。基本的には0円の可能性が。買い取りは程度により、0から〜2万ぐらいではないかと。

質問:手放したRA6のオデッセイについてです。もう15年のったのですが程度は良くエンジンも問題なく。装備もサンルーフ、フォグライト、CDが聴けます。もちろん修復歴もありません。走行距離は7万キロです。この車だと下取りできるのでしょうか?

 

ベストアンサー:15年落ちなら基本的に0査定ですね。あなたの思い入れほど業界は暖かい目では見てくれません。商売なのでシビアです。

質問:新型アクセラの購入を考えています。現在はトヨタに乗っており、15年落ちのステーションワゴンに下取りはつくのでしょうか?人気車になっているようですがしばらくは様子を見たほうが良いのでしょうか?

 

ベストアンサー:多少の値段はつくでしょうが、下取りは利用しない方が良いですよ。下取りでは、高く買い取ってもらえません。中古車買い取り専門店を活用することをお勧めします。

このように、15年落ちの車の下取りにはネガティブな意見が多いです。下取り価格参考情報とあわせて考えてみても、下取りの場合は、廃車費用が請求されなければOKぐらいに考えておきましょう。

 

下取りを選んだ皆さんに聞きました!

10年以上乗った車を下取りしてもらった皆さんに、なぜ下取りに出したのか? 聞いてみました。

私はトヨタのパッソ2006年式に乗っていました。新車で購入して10年以上乗りました。

 

車検の時期が近くなり、子供が産まれて車内が狭く感じていたので、買い替えを検討しました。

 

パッソを購入した時からディーラーの営業の担当者の方にはとてもお世話になっているので、その方に新しい車も提案していただきました。

 

見積もりでは下取り価格は5万円でした。古いですし、傷もあったので仕方ないと思います。

 

新車の値引きもしてもらいましたし、納得していましたので、中古車買い取りは検討していませんでした。

そもそもディーラーの下取りしか考えていなかったということですね。値引き額を大きくするかわりに、下取り価格をつけてもらうというケースが多いです。下取りをしてもらう場合でも、いちど中古車買い取り査定をしておくと、下取り価格を増やしてもらいやすいですよ。

私はダイハツのアトレー7 2000年式(初代)に乗っていました。

 

気に入っていた車だったので、なかなか手放すことができませんでした。子供が3人になったので、2013年にようやく同じダイハツのビーゴに買い替えました。

 

アトレー7はすでに何度も車検とメンテナンスをおこなって走行距離10万キロはこえていました。新車の購入ということで、下取り価格をいちおう1円だけつけてもらいました。

 

もう状態もよくなかったので、廃車になりますね、と言っていました。すべてディーラーにお任せしてしまったので、新車交渉で話がまとまった次第です。

ディーラーの下取りはあくまで、「新車を買ってもらためのサービス」です。

私はホンダのライフディーバ2002年式に乗っていました。新車で購入して2015年まで13年間乗っていました。

 

車を買い替えるきっかけになったのは、待望の子供を授かったからです。アイソフィックスというチャイルドシートに対応したものを取りつけたかったので、今までの愛車を泣く泣く手放し、新車を購入することになりました。

 

知り合いがいたので、ダイハツでタントを購入することになり、今までの愛車を下取りとして出しました。

 

かなり年数もたっており10万キロ以上走っていたので値段がつくとは思っていませんでしたが、3万円で下取りしてくださりました。

 

大切にしていた愛車だったので、知り合いがいたおかげで金額がついて、とても安心して送り出すことができました。

ディーラーに知り合いがいたり、ふだんから仲良くしていたりすると、下取り価格がつきやすいようです。13年落ちの軽自動車に下取り価格がつくのはレアケースですね。

ホンダ ストリーム(LA-RN1) 2001年式に乗っていました。

 

燃費の良いフィット ハイブリッドに買い替えたのが2015年になります。

 

買い替え理由は、走行距離が14万キロと多くなってきたこと、車検のタイミングだったこと、登録年数の関係で自動車税が高くなることなどです。

 

車は東日本大震災の被害をうけ、落ちてきた屋根瓦などで大きな凹みがありましたが、付きあいが長く2台目の購入ということもあってか、ディーラーでは6万円で下取りをしてくれました。
かりに凹みを直すために板金をした場合は、70万円という見積もりをもらっていたので、6万円の下取りには十分満足しています。

 

中古車買い取りは、車両の損傷状況(凹み)があるので査定額がつかないと考え、とくに検討しませんでした。

期待していた価格が低ければ、下取り価格が数万円つくだけで満足できる査定額がつかないことはありません。下取りをした後なら、下取り価格を伝えるとそれ以上の査定額をつけてもらえます。

 

下取り価格は何で決まる?

実際の下取価格は走行距離、お車の状態(キズ・凹み)、事故歴、ボディカラー、モデルチェンジ(新型車発売等)、地域・市場動向によっても大きく変動します。

 

引用:トヨタ 下取り参考価格情報

 

下取り価格は上のような要素で決まります。そのため、参考価格情報が0円でも、走行距離が少なかったり、車が適切にメンテナンスされていたり、無事故だったりすれば、下取り価格がつく可能性があります。

 

また、市場動向も見逃せない要素です。

 

自分の車の中古車価格を調べてみよう

 

15年落ちの車の市場動向は、中古車販売価格を見ると分かります。

 

2003年式中古車の販売価格

対象車種 中古車販売価格
トヨタ カローラフィールダー 2003年式 12〜43万円
ホンダ フィット2003年式 1.9〜36.9万円
トヨタ ウィッシュ 2003年式 3〜48.6万円
ニッサンキューブ 2003年式 1.8〜49万円
ニッサンマーチ 2003年式 1〜49.8万円
トヨタ イスト 2003年式 7〜79.8万円
マツダ デミオ 2003年式 8〜59万円
トヨタ ノア 2003年式 1〜74万円
トヨタ アルファード 2003年式 15〜99万円
トヨタ エスティマ 2003年式 7〜148万円

引用:カーセンサー中古車(2018/9/9基準)

 

このように、15年落ちの車でも中古車市場で販売されていることが分かります。走行距離が10万キロをこえている中古車も販売されていますね。

 

価格の幅が広いのは、走行距離、車の状態(キズ・凹み)、事故歴、ボディカラーにより差が出るからです。あなたの車の状態と近い中古車があれば、中古車としての価値があると言えます。

 

この項目のまとめ

15年落ちの車の下取り価格は通常、3万円程度。体験談では6万円がついたという人がいたように、ディーラーとの付きあいがよければ数万円の上乗せが期待できます。

 

次は、ディーラーと付きあいがなくても高く売れる中古車買い取りについてお伝えしていきます。

15年落ちの車の中古車買い取り相場

下取り価格が0円だからと言って、あなたの愛車の価値が0円ということではありません。下取り価は愛車の価値ではないです。

 

15年落ちの中古車が販売されているのは、欲しがる人、買う人がいるからです。そのため、あなたの車には価格がつかなのはおかしいです。

 

これから説明する、買い取り専門店の買い取り価格が、本当の愛車の価値です。

 


買い取り専門店とは、新車をメーカーから仕入れて売るのではなく、中古車を一般の人から買い取って、店頭やオークションで販売するお店のことです。買い取りだけおこなっているというわけではありません。

 

買い取り専門店で、最大手がガリバーです。ご存知ではないでしょうか?そのほかにも、テレビCMで放送されているアップルや、全国に店舗が多いビッグモーターカーセブンも有名です。

 

買い取り専門店は、店舗で販売するだけでなく、買い取った中古車を世界中に輸出したり(ロシア、ミャンマー、中東が多い!出所:財務省貿易統計)、業者専用オークションで転売したりしています。買い取った車の活用方法が多いため、ディーラーとは違い、古い車でも高く売れることが多いです。

 

 

買い取りを選んだみなさんに聞きました!

まずは、10年以上乗った車を買い取りをしてもらった皆さんの体験談を聞いてみましょう。下取り価格と買い取り価格の差に注目です。

主人が2008年に購入して2018年まで10年間乗った、トヨタのハイエースを買い替えました。

 

買い替えを検討したきっかけは、2人目の赤ちゃんが生まれたことと、2019年に消費税が増税されることです。ハイエースなので、「頑張ればあと5年はいける」と主人は言っていたのですが、増税後に買い替えるなら「今の方がいいのでは?」という話になりました。

 

ディーラーが下取り価格は138万円と言ってくれたので、決めようか悩んでいました。買い取り専門店をたくさん回り、ガリバーの査定で150万円と言ってくださったのでお願いすることにしました。

 

私の中では「100万円超えただけでもすごい!」と思っていたので、とても満足しました。

もともと下取り価格も高かったケースですが、138万円(下取り価格)⇒150万円(中古車買い取り額)になり、12万円アップです!

 

買い取り専門店をたくさん回るのは大変だったと思います。その分、納得のいくお金を得ることができたみたいですね。

 

2002年式のトヨタクルーガーに乗っていました。新婚時に初めて夫婦で買った車なので、とても思い入れがありました。

 

家族が増えて少し手狭になっていたこともあり、次の車に買い替えようかなと、何となく考えていた2013年の夏、遂にエアコンが壊れてしまいました。

 

ディーラーに相談したところ、エアコンが壊れているので下取り価格は30万円。エアコン修理のみなら5〜6万円程度とのことでした。

 

なんとなく下取りは保留して、以前より気になっていた、一括査定サイトを利用してみたら、何と50〜60万円という一次査定が。

 

そのなかで、即日査定可能であったお店に出張で本査定していただきました。「エアコン以外は車の状態が良い」とのことで、64万円で買い取っていただくことになり、新車の頭金にあてました。

 

そのまま下取りに出していたら、損していたと思いました。

30万円(下取り価格)⇒64万円(中古車買い取り額)になり、2.1倍の34万円アップです!

 

一部が壊れていても、車の状態が良ければしっかりと査定額に反映されるのが、買い取り専門店の大きな魅力です。新車の頭金が増えると、金利分の支払いが減らせたり、オプションをランクアップできたり、メリットが大きいですね。

 

私は就職して初めて、自分専用の車を買いました。トヨタのビッツ2001年式の赤い車で、結婚後も大切に乗りつづけていました。

 

しかし、夫の車と私の車、2台を維持することが難しくなり、12年間乗った後の2013年に売却することにしました。

 

どこで査定を受けようかと夫と話していた時、たまたま家のポストに買い取り専門店のチラシが入っていました。そこに電話をして訪問査定をしてもらいました。

 

査定を受けたのは3月だったのですが、「3月中に売却をしてもらえるなら8万円で買取ります」と言われたので喜び勇んで契約書にサインをしました。

 

4月で車検が切れる時期だったこともあり、いい時に売却したと思っています。

 

新車を買う予定はなかったので下取りは、最初から除外していました。

 

下取り価格は分かりませんが、12年乗った車をしっかりと売却でき、お金を得ることができたのでよかったですね。

 

私はトヨタヴィッツを2006年の時に5年落ちで買いました。中古車で購入して6年間乗りました。廃車にしたのは2012年です。

 

買い替えを考え始めたのは、車検が近づいてきたからです。走行距離が16万キロを超えていること、故障か所があり修理費がかかると思ったからです。

 

子供が4人居たので、大きな車を探していたところ、ウィッシュを見つけて欲しくなりました。ヴィッツを買い取り専門店で査定してもらったら、5万円の査定が付きいたので、3万円で廃車にしてもらいました。

 

ディーラーとの付きあいはなく行きつけの買い取り専門店で廃車をお願いして、すべて手続きしてもらいました。

 

廃車となる車にも査定額がついたので、お金の負担がなくてよかったですね。

 

私は日産キューブ2004年式UA-BNZ11に乗っていました。新車で購入して13年間連れ添い、下取りに出したのが2017年12月です。

 

買い替えを検討しはじめたのは、結婚・出産をへて家族が増えたからです。チャイルドシートやジュニアシートを載せると、全員が乗れない事態になってしまったので、大きな車に買い替える必要がありました。

 

7人乗りのトヨタのシエンタに買い替えをすることに決め、ディーラーに下取り査定をしてもらったものの、ほぼ0円と言われてしまいました。

 

買い取り専門店に査定をお願いしたところ、5万円の金額をつけていただき、そちらで引き取りをお願いしました。

0円(下取り価格)⇒5万円(中古車買い取り額)になり、5万円アップです!

 

長年乗った愛車の下取り価格が0円というのは、がっかりしますよね。1円も受け取れないのと、5万円受け取れるのでは気持ちの面でも大きく違いますね。

 

このように、中古車買い取りは下取り価格より高く売れることが多いです。下取り価格が0円と言われても諦める必要はありません。買い取り店で査定する一手間加えるだけで、次の車の頭金が増えるので、やっておかないと損かもしれません。

 

買い取りなんて考えてなかったけど?
乗車前の車の最終処分はどのようにされましたか?という質問に対して、856人中536人はディーラー下取り、145人は買取専門店に売却したと回答。
(引用:「車の買い方、処分方法」に関する消費者意識調査

このように、買い取り店で売る人もたくさんいます。下取りしか考えていなかった人も、買い取り価格も見て、高い方に売るのがいいですよ。

15年落ちの車の中古車査定ポイント

15年落ちの車で高額査定になるには、車がちゃんと動くことが前提になります。古くてあちこちにガタがある車は、部品をとるだけのためになり、買い取り専門店が高く売ることが難しくなるからです。

 

それではプラスになるポイントとマイナスになるポイントをお伝えします。

 

外観(ボディー)はツヤがあるかどうか


ぴかぴかの新車も15年たてば塗装もはげてきて、日頃からポリッシャー(電動磨き機)などで磨いておかないと、新車のようなツヤを維持することはできません。

 

各樹脂類の未塗装部品なども経年劣化により色が落ちてしまい、白くボケたような色合いになってしまいます。ボディーがこのような状態だと、査定ではマイナスになりやすいです。

 

そこで、買い取り価格を少しでも上げるためには「磨き」という作業が必要になってきます。を使用し、塗装面を磨くことで、艶を復活させる事ができます。

 

カー用品店などに依頼すれば、ある程度ツヤツヤに戻すことができますが、そのための費用でマイナス分が帳消しにはなりません。

 

日頃から車のツヤを維持するための手入れをしていて、ツヤがある程度出ていれば、査定価格に3万円〜10円程度の上乗せがあると考えて良いです。

 

車内(インテリア)は綺麗かどうか


外観と同じくらい、車内(インテリア)の美しさが重要です。車内には合成樹脂が多く使われており、査定にも影響があります。
なぜなら、外観はポリッシャーで磨くことで簡単に維持できますが、車内は綺麗に保つことがむずかしいのです。

 

特に、シートカバーの汚れ・ヘタリ具合・破れなどが目立つとマイナスになります。シートカバーは簡単には交換できません。また、車が高級になればなるほど、シートカバーは高価になるからです。

 

シートカバーの下のスポンジに、タバコや水分などで汚れがあると、交換費用も必要となるため、査定のポイントになります。

 

内張りも同じく、部品の割れによるガタやヘタれなどがあれば交換する必要があるので、査定もマイナスになります。

 

とはいえ、子どもが車に乗っていると、車内の汚れや痛みがどうしてもあるので、なかなか努力をして維持できるものでもありません。シートカバーが綺麗にキープできていれば、プラスの査定です。

 

走行距離は10万キロ未満

ライフスタイルによりますが、1年で1万キロ走っている車も多いことでしょう。15年経って15万キロ走ったとすれば、市場価値はほぼ無いと考えてよいでしょう。

 

それでも、外観や内観が綺麗でれば、代車用などの用途もあるため、査定してもらう価値があります。

 

買い取り専門店の査定士は整備士とは違い、修理に関しての知識はありません。そのため、走行距離や外観、内観など目視しやすい所が大きなポイントになってきます。

 

中古車として数万円の価値があったとしても、手続きなどの人件費がかかってくるので、無料での引きとりとなる場合もあります。

 

いずれにしても、査定してもらうと愛車の本当の価値がわかり、下取り価格にも納得感がでますので、いちど査定してもらうと良いですよ。

 

買い取り額がつくお店だけコンタクトをとろう

 

一括査定サイトを使用すれば、買い取り額がつくお店とだけ、効率よくやりとりできます。

 

15年落ちの古い車となれば、すべてのお店が買い取ってくれるではありません。そのため、直接近所の買い取り店に持ち込んだり、電話をしたとしても、買い取りを断られる可能性もあります。せっかくの行動が無駄にならないように、効率的に査定をお願いすることが大切です。

 

そこで便利なのが、中古車買い取り一括査定サイトです。ここ5年で利用者が急増しているのは、こんなメリットがあるからです。

  • 無料で利用できる…すべての一括査定サイトは無料です!
  • 入力が1回でよく便利…いちど愛車の情報を入力するだけで、複数のお店が査定してくれます!
  • 高額買い取り専門店を見つけやすい…査定額をお店から連絡してくれるので、待つだけでOKです!

 

安心して使える人気の一括査定サービス3選!

 

CMや口コミによって利用者が増えるに伴い、一括査定サービスも増えています。サービスによって、査定してくれる買い取り専門店が違います。

 

ここでは、大手買い取り専門店と提携していて、高値がつきやすい一括査定サービスを紹介します。

 

  • 運営が東証マザーズ上場企業で安心感がある。
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど207社から、高価買い取り専門店を選べる。
  • 入力内容がメーカー・車種・年式・走行距離の4つだけで簡単。
  • Web申し込み後にすぐ買い取り相場を見ることができる。
  • 査定依頼するお店を選択できるので、沢山電話がかかってくる心配がない。
  • ※迷ったらズバット車買い取り比較がおススメです。

  • 運営が東証1部上場のエイチームで安心感がある。
  • ガリバー、カーセブン、アップルなど49社から、高価買い取り専門店を選べる。
  • 入力内容はメーカー・車種・年式・走行距離の4つだけで簡単
  • Web申し込み後にすぐ買い取り相場を見ることができる。
  • 査定依頼するお店を選択できるので、沢山電話がかかってくる心配がない。
  • ※ヒットするお店の数は少なめな印象

  • 入力内容はメーカー・車種・年式・走行距離の4つと、ボディカラーと車検期限と多め。
  • ガリバー、カーセブン、ビッグモーター、アップルなど100社から、高価買い取り専門店を選べる。
  • 査定依頼するお店を選択できるので、沢山電話がかかってくる心配がない。
  • 査定依頼だけで楽天ポイントをもらえる♪
  • ※運営元は楽天ですが、入力項目が多く手間なため、利用者は少ない。

 

一括査定サービスの操作の流れ

 

ここでは、「ズバット車買い取り比較」の使用方法を、買い取り相場を見るまで順に説明します。その他のサービスも同様の操作です。

 


まずは、最初の画面であなたの車の「メーカー」を選択し、「一括査定依頼スタート」ボタンを押します。

 


次の画面で「車種」「年式」「走行距離」の選択と、あなたのお名前、郵便番号等入力し、「無料 確認画面へ」ボタンを押します。
※郵便番号も正確に入力しないと、地域の買い取り相場が表示されません。

 


次の画面が選択した車種の確認画面で、「無料 一括査定を依頼する」ボタンを押すと、査定依頼が完了します。

 

この画面の下の方に、上の画像のような「査定依頼先の選択」という箇所があり、査定依頼をするお店が表示されています。

 

どのお店も、あなたが選択した車種・年式・走行距離を買い取り対象としているお店です。15年落ちの車の場合、できるだけ多くのお店に査定してもらう必要があります。しかし、あまり沢山のお店とやりとりしたくないという場合は、3社程度に絞っても良いでしょう。

 

査定は電話またはメールで連絡があります。買い取りの意思が高いお店は、すぐに電話をかけてきます。もちろん、相場を知りたいだけなら断ってOKです。

 


このあと、5問の選択式アンケートがあります。サクっと選択したあと、「愛車の買い取り相場を見る」ボタンを押します。

 


ここでめでたく、買い取り相場がわかりました。ここまで約45秒です。すべて無料で簡単に使えました。

 

ここで表示されている買い取り相場は、中古車の売買実績に基づく算出金額です。0万円〜32万円と表示されている事からわかるように、お店によって査定額に幅があるため、複数のお店に見積もりをしてもらうことが重要です。

 

どの一括査定サービスも、これが一連の流れです。買い取り相場が表示されるのは、「ズバット車買い取り比較」と「かんたん車査定ガイド」だけなので、利用するならその2社のどちらかがオススメです。

 

一括査定サービスのよくある質問
電話がいっぱいかかってくるって聞いたけど?
上で紹介した一括査定サービスは、買い取り専門店を選ぶことができるので、その心配はありません。1社だけ選んでもOKです。
引き取り費用や手続き費用は?
査定額はすべての費用を含めた価格です。
名義変更などの手続きはどうする?
名義変更は買い取り専門店が代行してくれます。査定額に含まれているため、手数料は不要です。
新車が来るまでの間はどうする?
買い取り専門店の多くは、代車を借りることができます。気になるお店が見つかったら、直接聞いてください。
車の状態が悪くても買い取ってもらえる?
買い取り専門店は代車として利用したり、分解してパーツだけ取ったりしています。たくさんの買い取り専門店に査定してもらうと、思わぬ価格がつくことがあります。

 

この項目のまとめ

中古車買い取りなら、下取り額0円の車でも高値で買い取ってもらえる可能性が高い。効率良く買い取り専門店を見つけるために、無料の一括査定サービスを活用しよう。


廃車費用を出したくないなら、こんな処分方法もある

15年落ちの車を中古車買い取り専門店に査定をお願いし、見積もり査定額がゼロなら、諦めても良いと思います。もし、どうしてもお金をかけたくない!という方は、手間はかかりますが、ここで紹介する方法でお金をかけずに処分できないか検討しましょう。

 

行きつけの整備工場へ持ち込む

 

買い取ってもらえる可能性の高い方法です。行きつけなら、整備や車検は自社で行っているため、あなたの車の状態も把握しています。そのため、整備工場としても安心して買い取れます。

 

前回の整備記録簿も保管してありますので、どのような整備を行ったかという詳細な内容についてもすべて記載してあります。

 

特に、整備工場は常に代車の確保に困っています。あなたの車がちゃんと走る車であれば、15年落ちでも買い取ってもらえる可能は十分あります。

 

自動車解体業者を利用する

 

自動車解体業者とは、事故や過走行など市場価値の無い車を廃車にし、分解や仕分けをし、部品・パーツお店に販売する業者です。

 

この業者は整備工場や鈑金工場などを回り、廃車する車を日々探しています。廃車にする車を見つけては、キャリアカーやユニックを使用して引き取っています。こちらからコンタクトをとることで、解体業者の営業費が浮くため、無料で引き取ってもらえる可能性があります。

 

「あなたの地域名+自動車解体」で検索すると調べることができます。もしくは、あなたの地域で、車が山積みになっているような場所はありませんか?

 

そこが自動車解体の現場になりますので、声をかけて、車を引き取ってもらうようお願いしましょう。2万円程度で買い取ってもらえることがあります。

 

起こし屋を利用する

 

「起こし屋」とは、事故を「起こした車」、走行不可能なほどに壊れた車の修理を専門とするお店です。聞いたことがないと思いますが、あやしいお店ではなく、鈑金塗装業として登録されています。

 

自動車関係者のみ参加可能なカーオークションでは、なんと事故で大破した車も出品されています。その大破車を仕入れ、修理をし、再びカーオークションへ売却することで会社を経営しています。この場合でも、仕入れ額が発生しますので、こちらからコンタクトをとることで、喜んで引き取ってもらえる可能性があります。起こし屋への売却は、5万円弱が相場です。

 

ホームページは公開していないと思うので、検索しても見つかりません。近所に鈑金塗装お店があれば、お願いしてみましょう。

 

インターネットオークションを利用する

ヤフーオークションやメルカリを見てみると、車が出品されています。価格の付かない車でも、Web上のオークションは一般の人だけでなく、お店も見ているため、車に値段がつく可能性があります。

 

実際、先ほどの解体お店や起こし屋なども利用しているため、買い取りの可能性が出てきます。捨てる神あれば拾う神あり。とはこのことで、世の中の大半が必要性を感じなくとも、欲しがる人は必ずいます。

 

デメリットととしては、売却確定まで時間がかかることと、出品するためのヘルプなどを読んで自ら出品する手間があります。ですが、根気よく何度も出品することで、必ず売却できるでしょう。コツとしては15年落ちの車を検索し、価格や売り出し文句を真似することで同じように売却できます。

 

最も高値で売れるのはオークションですが、出品手続きを勉強する必要があるのが大きなデメリットです。自動車解体お店や起こし屋は、インターネットが登場する前には簡単に手に入った古い車が、今では一括査定サービスによって買い取り専門店に渡っているため、こちらからコンタクトをとれば喜んで買い取ってくれます。