15年落ち 買取

15年落ちの車の整備・メンテナンス



15年落ちの車となれば、例えば初代フィットや初代プリウスなどが該当します。長く乗っていれば整備にかかる費用も高額になり、メンテナンスもこまめに行わなければなりません。

 

ここでは、15年落ちの車両に対する整備やメンテナンスの頻度、その際に生じる費用などを解説していきます。

 

15年落ち車両の整備内容

一口に整備と言っても幅広く、簡単なものではワイパーゴムを交換することも整備の一環です。

 

基本的には車検の際に整備を行うことが多いですが、15年落ちともなればエンジンの調子が悪くなるなど、目に見えて性能は低下しているでしょう。

 

最近カタカタ鳴るようになった、シャリシャリ音がするようになったなど、様々な異音が発生してきます。

 

およそ15年落ちの整備内容としては、ブレーキ関係の見直し、駆動関係の見直しなど、日頃気にすることがないような箇所に影響が出てきます。

 

ブレーキ関係 金額の目安
ブレーキパッド・ブレーキフルード交換 〜10,000円
マスターシリンダーなどブレーキの分解整備 100,000円前後
駆動関係 金額の目安
デフオイル・ミッションオイルの交換 〜10,000円以下
デフやミッション本体の交換 100,000円〜200,000円

 

このように、軽微な部品交換から部品そのものの交換といった修理の内容により大きく維持費は変動します。車検の際に行う整備だけでは不十分なため、日頃から修理に出すことも多くなり、総合的な維持費が大きくなる傾向があります。

 

15年落ち車両のメンテナンス

新車の場合でも15年落ちでも大きくは変わりません。3000km毎にオイルを交換し、オイル交換二度に一度はエレメントを交換するという基本メンテを続ける必要があります。

 

しかし、15年落ち車両となれば、オイルパンに施されているシーリング剤の劣化や錆による穴などが発生する場合があります。

 

オイルパン自体が劣化してしまえば当然オイルは漏れてきますので、3000km毎の交換ではなく定期的にオイルの継ぎ足しを行わなくてはなりません。
漏れの量にもよりますが、2ヶ月〜3ヶ月程度で500mlほど減る場合が一般的です。

 

1L 1000円の平凡なオイルでも3ヶ月で500円、1年で2000円、2年で4000円と、オイルの維持費用だけ見てもこれだけ発生してしまいます。

 

オイルパンの交換費用は20,000円程度ですが、交換しなければいけないほどの整備になれば、他の部分にも影響を及ぼしている可能性も出てきます。

 

そうなれば50,000円、10,000円と整備費用も上昇するでしょう。

 

さらに定期的なオイル交換を行わなければならないので、15年落ち車両の維持費は新車と比較して1.5倍以上と考えられます。

 

このように、15年経過した車両には様々な不具合が発生してきますので、新車のようにノーメンテナンスで乗り続けることはまず不可能です。

15年落ちの車の税金



自動車税、重量税は新車登録から13年経過で15%上昇します。

 

1500ccクラスの自動車税は39,500円ですが、13年経過とともに45,400円にまで上がってしまいます。

 

アメリカ車などの大排気量(6000cc〜)では111,000円ですが、13年経過で127,600円にまで膨れ上がってしまいます。

 

重量税についても同様で、1500kgまでのクラスで24,600円が13年経過で34,200円になります。

 

なぜ増税されるのか、お国の見解としては、古い車であれば排出ガスの濃度が濃いことや、同じ規格であれば現在の車と比較して重量が重いことから、舗装道路などが痛みやすいため、改修を行う際の費用の補填として考えられています。

 

13年以上経過した車は増税してしまうので、排気量の大きな車であれば貨物車両として登録変更する手段もあります。

 

いわゆる、4ナンバーや1ナンバーに変更してしまうことで節税の効果が見込まれます。

 

重量税では基本的に節税方法はありませんが、自動車税は排気量によって変動します。

 

しかし、貨物車両であれば一律の料金となるため、排気量の大きな車であればあるほどメリットは大きくなるでしょう。

 

3000ccクラスの自動車税は
58,600×2年で117,200円です。
貨物車両になると
年間8,950円となり、年間50,000円ほど安くなります。

 

このように、15年前の古い車になると、新車のようなメリットが少なくなり、維持費も多く発生してしまいます。

 

これに加え、18年経過するとさらに5%の増税がありますし、故障箇所も増えてきます。

 

大切な車であれば、修理や増税後の支払いも苦ではありませんが、日本では車に長く乗り続けることに大きなメリットはありません。

 

日本の政策が新車を売る方向へシフトし続けているため、海外の先進国よりも圧倒的に税金が高く、車の維持費も高額になり、維持をしていくのも困難です。

 

車検やオイル交換などのタイミングでに売却を勧められるでしょう。

 

このようなことから、13年、18年を節目に買い換えを検討される方が大半です。

 

軽自動車に関しては、海外の安全基準を満たしていないため基本的に輸出することは出来ませんが、普通乗用車については海外での需要が大きいため、売却の際にも比較的値段がつきやすい傾向にあります。

 

特にディーゼル車は中東で人気が高く、20年前の車であろうとも20万円以上の値が付くことも珍しくありません。

 

高額な税金を支払い続け、車を維持していくか。

 

海外での需要を考え、早めの売却を検討するか。

 

今一度、増税の観点から見直すことをオススメします。

15年落ちの車の車検


車検費用の目安

年間1万kmの走行だと仮定し、15年で15万km。
自動車の重量や普通自動車、貨物自動車によって法定費用は変動しますので、こちらのリンク先を参照ください。

 

1500ccクラスの普通車
車検費用トータル 60,330円
重量税 32,800円
自賠責保険 25,830円
印紙代 1,700円

 

軽自動車
車検費用トータル 33,070円
重量税 6,600円
自賠責保険 25,070円
印紙代 1,400円

 

ディーラーや民間車検工場などでも車検費用は大きく変わりません。

 

但し、ディーラーの特徴は、故障する前に部品交換を勧めるため、見積もり金額が高額になる傾向があります。

 

勧められるだけですので、交換を断ってしまえば民間車検工場と同等です。しかし、コバックなどの車検専門で行っているところだけは格安です。特徴が安さですので、安さを求めるならば車検専門店へ赴きましょう。

 

15年車検時に想定される部品交換

走行距離や新車登録からの経過年数などによって、部品交換が必要となり、車検費用は高額になることがあります。一例ですが、このような部品です。

 

オイルタネーター 寿命約10万km〜15万km

突然故障してしまうことでも有名な部品ですので、早めに交換をするように心がけましょう。

 

ウォーターポンプ 寿命約10万km

突然故障することは無く、カラカラと音が鳴り始めると故障の合図ですので、その後の交換でも充分に対応可能です。

 

フューエルポンプ 寿命約7万km〜15万km

燃料の供給がストップしてしまえば、走行はおろか、エンジンすら掛かりません。フューエルポンプ交換は4万円程度、突然故障してしまえば自走不可能となり積載車が必要になります。積載車はおよそ5千円〜距離に応じて増加していきます。

 

古い車は一年点検が重要

普通自動車であれば2年毎に車検を行いますが、車検を受けるまでに整備やメンテナンス、点検などを行わないため、費用が高額になる傾向にあります。

 

車検を受け1年を経過すると、車検を受けた整備工場から「1年点検の時期ですが、点検はよろしいですか?」という葉書や電話が来るでしょう。点検費用として0円〜5千円程度発生しますが、1年点検は受けておくことを薦めます。

 

例えば、ドライブシャフトブーツが破損しており、このまま放置して乗り続けてしまうとドライブシャフト本体にまで影響を及ぼします。ブーツ交換のみですと2万円以下での作業ですが、ドライブシャフト本体となると高いもので4万円を超えるものもあります。故障を放置してしまうことによって、さらに悪化し、結果として車検費用は高額になってきます。

 

このような故障をいち早く発見するためにも、一年点検はとても重要です。1年点検はもちろんのこと、3000km毎のオイル交換の際に、整備工場の方に同乗していただき、試運転をしていただくと良いでしょう。

 

これはもちろん無料で行っていただけますし、長く乗り続けるためのアドバイスをしていただけます。

  • 今すぐに交換するべき部品がある。
  • 様子を見て、指摘された部品の異音が大きくなれば交換。
  • 車検まで乗り続けていても問題ない。

など、多数の有益な情報の提供があります。

 

そして必ず「整備工場で点検をしていただく」必要があります。カー用品店やガソリンスタンドでは、エンジン載せ換えやシャシー交換などの重整備を行うことは不可能ですので、整備に関する知識も浅い傾向にあります。

 

さらに、整備士不在の可能性が大きいことを考慮しても、整備工場で点検を行うべきでしょう。

15年落ちの車のディーラー下取り価格は殆どの場合・・・



15年落ちの車の場合、ディーラー下取りに査定見積もりの依頼をしても、買い取り不可=0円査定となる場合が大半です。

 

ディーラーは中古車販売業がメインではないので、古い車を仕入れても販路を持っていないからです。特にディーラーが古い車を仕入れたがらない理由はこのようなことがあります。

 

風土に合わない

 

昨今、自動車ディーラーでも中古車を扱っている店舗が増えてきました。自社で下取りをした車両をそのまま展示、系列店から仕入れる場合など、基本的には同じメーカーで統一されている場合がほとんどです。

 

15年落ちの車を下取りにだそうとした場合、価格が付かない場合がほとんどですので、他メーカーへ下取りを依頼されても間違いなく断られるでしょう。

 

15年前、15万kmの軽自動車の販売価格は一桁っしかありません。一桁では利益はほぼ発生しませんし、人件費となって消えてしまうような常態です。

 

カーオークションへ売却しようにも人件費でマイナスになるため、格安で売り、手放すべきと考えているからです。まずは同じメーカーへ下取りの希望を出し、買い取り不可となれば次の方法を模索しましょう。

 

販売店が買い取っても利益が出ない場合

 

走行距離が10万kmを超えてしまっている場合や、キズなどにより綺麗とは言えない状態であると、買い取りを行っても利益にならないため、断られることが多いです。

 

しかし、交渉次第では、下取り価格を付けられる場合もあります。ディーラーが売りたい商品を購入する意思表示をすることで、下取りも可能になることもあるでしょう。

 

売りたい商品は新車であったり、中古車やオプション品などという場合もあります。「売りたいから買い取る」という状況を作ることで下取りは可能になります。

 

この場合、注意しなければいけないのは、とにかく下取りをしたいという態度を表に出してはいけません。場合によっては下取りではなく、自動車解体業者などへ売却された方がお得になる場合もありますので、必ずしも下取りすることが得策とは言い切れません。

 

行きつけの整備工場へ赴く

 

唯一、買い取ってもらえる可能性の高い方法です。

 

行きつけであるならば、整備や車検は自社で行っているため、車の状態も把握しています。

 

前回の整備記録簿も保管してありますので、どのような整備を行ったかという詳細な内容についても全て記載してあります。

 

整備工場は常に代車の確保に困っているので、しっかりと整備の行き届いた車であれば格安ではありますが、買い取ることも可能になるでしょう。

 

このように、15年落ちの車の下取りは買い取ってもらえない場合がほとんどですので、無理に下取りを意識する必要もありません。

 

様々な中古車買取店へ赴き、見積もりを作成し、最も高い査定額を出した買取店を利用しましょう。

15年落ちの車の買取高額査定ポイント



15年落ちの車は比較的新しい年式の浅い車と違い、査定の際に見るポイントが変わってきます。今回は、15年落ちの車の場合、どのようなポイントが査定に影響するかについて解説していきます。

 

外観はツヤがあるか


15年経過すれば塗装も劣化し、新車のような艶を維持することは出来ません。また、各樹脂類の未塗装部品なども経年劣化により退色してしまい、白くボケたような色合いになってしまいます。このような状態では査定ではマイナスになることが多く、見積りを作成してもらっても満足のいく査定結果は得られません。

 

そこで、買い取り価格を少しでも上げるためには磨きという作業が必要になってきます。ポリッシャーを使用し、塗装面を磨くことで、艶を復活させる事ができます。

 

しかし、業者に依頼するのであれば費用は発生しますし、査定額のマイナス分を相殺することもできません。日頃から車の艶を維持するためにコーティングなどを施工する必要があります。ツヤがある程度出ている状態であれば、査定価格に3万円〜10円程度の上乗せがあると考えて良いです。

 

内観はキレイに維持されてるか


外観と同様、綺麗さが重要になってきますが、内観には樹脂部品が多く使われており、査定額にも響きやすい傾向にあります。
15年経過した車は、外観の維持はポリッシャーで磨くことにより、比較的簡単に維持できますが、実は内観を綺麗に保つことが難しいのです。

 

シートやマットの汚れやヘタリ具合、破れなどが散見されれば査定額にも影響してきます。

 

マットは2千円程度から購入可能で交換も数分で終わることから、査定額には大きく影響を及ぼすことはありません。しかし、シートカバーを交換するには大変な労力を要しますので、1万円2万円と車が高級になればなるほど、高価になっていきます。タバコなどでシートへダメージがある場合など、スポンジ部分の交換を要する場合には更に費用が発生してしまいます。

 

内張りに関しても同様に、各部品の割れによるガタなどがあれば交換になりますので、査定額もマイナスになります。特にお子様などがいらっしゃる家庭ではこの傾向が強く、努力をして維持出来るものでもありません。

 

走行距離は15万キロ未満


1年で1万km走ることも珍しくありません。15年経過で15万kmだとするならば、市場価値はほぼ無いと考えてよいでしょう。

 

高級車であれば欲しがる人がいるため、10万円程度の値が付きますが、やはり内観が綺麗な状態であることが前提となります。

 

買い取り店員は整備士ではないため、修理に関しての知識はありませんので、走行距離や外観、内観など目視で確認可能な点でしか査定を行えません。

 

無料で引き取る場合もありますが、これは実際には2万円程度の価値があったとしても、手続きなどの人件費で相殺されてしまうため、無料で引き取る形になってしまいます。

 

このように、15年落ちの車は査定額がゼロになってしまうことも珍しくありません。市場価値が少しでも残っているうちに売却を検討されると良いでしょう。

 

無料の中古車買取一括査定を利用しよう

何で一括査定が人気なの?

15年落ちの古い車であれば、見向きもしない中古車買取店も出てきますので、複数社に見積もり査定を依頼することが必要です。

 

その時に近所の買取店を一社一社調べて電話するのは非常に手間がかかります。

 

そこでとても便利なのが、中古車買取一括査定サイトです。ここ5年で利用者が急増しているのは、こんなメリットのためです。

  • 無料で利用できる
  • 入力が1回でよく便利
  • 高額買取店を見つけやすい

 

今人気の一括査定サービス

運営会社が東証上場企業の会社が安心感があり、CMも出していたため人気となっています。

 

各社、年式の選択時に昭和までさかのぼることができるので、古い車でも十分査定対象となることが分かります。

 

ズバット車買取比較


>>ズバット車買取比較<<

  • 入力内容はメーカー・車種・年式・走行距離の4つだけで簡単
  • 依頼する業者を選択できるので電話がいっぱいかかってくる事がない

 


このように、チェックボックスがあり、査定依頼する業者を選択できるので、電話が沢山かかってきて困るという心配がありません。

 

3つのうち、迷ったらズバット車買取比較がおススメです。依頼する業者が選択でき、買取相場もすぐ分かるため人気No.1となっています。(買取相場は状態の良い車の場合です。オートマミッション故障車はそれより下がるので期待しすぎないようにしましょう。)

 

かんたん車査定ガイド


>>かんたん車査定ガイド<<

  • 入力内容はメーカー・車種・年式・走行距離の4つだけで簡単
  • 依頼する業者は選択できないが、ヒットする業者の数は少なめ

こちらも人気の一括査定サイトですが、依頼する業者が選択できない分、人気はズバット車買取比較より劣る。

 

楽天 無料愛車一括査定


>>楽天 無料愛車一括査定<<

  • 入力内容はメーカー・車種・年式・走行距離の4つと、ボディカラーと車検期限。
  • ヒットする業者が一番多い。業者が選択できるので自由度が高い。

ネットショッピングでおなじみの楽天が運営していますが、入力項目が多く手間がかかるため、ズバット車買取より人気は下となっています。

市場価値0円の車をお得に処分するには



15年落ちの車となれば、数名のオーナーを渡り歩き、さらに事故歴があるなど、様々なデメリットが発生しています。まずは中古車買取業者に査定をお願いし、それでも見積もり査定額がゼロなら、こちらの方法を利用してお金をかけずに処分することも検討しましょう。諦めなければ、市場価値がゼロと判断されてしまっても売却出来る可能性は残されています。

 

 

自動車解体業者を利用する


自動車解体業者とは、事故や過走行など市場価値の無い車を廃車にし、分解や仕分けをし、部品・パーツ業者に販売する業者を指します。

 

基本的には整備工場や鈑金工場などへ赴き、廃車になるような車を探し歩くという方法をとっています。商談が成立したのち、後日キャリアカーやユニックを使用して引き取りに伺います。この営業をこちら側が行ってしまうことで、解体業者の人件費分を浮かせ、価値のある車にさせることが可能になります。

 

ホームページなど存在しない場合が大半ですので、自らの足で探す必要があります。車が山積みになっているような場所を見掛けたことはあるでしょうか?

 

ここが自動車解体業者の現場になりますので、自ら声を掛け、売却できるよう交渉をしましょう。交渉がまとまれば、市場価値0円でも2万円程度で買い取ってもらえることがあります。

 

起こし屋を利用する


私は鈑金塗装業界に従事しており、事故を起こした車を修理しております。

 

この「起こし屋」も鈑金塗装業として登録されていますが、一般的な鈑金塗装と違い、ユーザーの車を修理することはありません。仕事内容は、自走不可能なほどに大破した車両の修復です。

 

カーオークションと言われる自動車関係者のみが登録可能な流通経路を利用し、大破車を仕入れ、修理をし、再びカーオークションへ売却するという方法で会社を経営しています。この場合でも仕入れに相当額が発生しますので、その仕入れ分を売却価格にするという方法です。

 

こちらもホームページなど作られていない場合が大半です。起こし屋に引き取ってもらえる場合、5万円弱が相場となっております。

 

インターネットオークションを利用する


現在、様々なインターネットオークションがあり、その中でも老舗と言われるヤフーオークション。価格の付かない車でも、ヤフーオークションへ出品することにより車に価値が発生します。

 

オークションの閲覧者は個人だけではなく、先ほどの解体業者や起こし屋なども利用しているため、買い取りの可能性が出てきます。捨てる神あれば拾う神あり。とはこのことで、世の中の大半が必要性を感じなくとも、欲しがる人は必ずいます。

 

しかし、デメリットとして売却確定まで時間がかかることと、出品するためのヘルプなどを読んで自ら出品する手間があります。ですが、根気よく何度も出品することで、必ず売却出来るでしょう。車種により様々ですので、同車種の履歴などを検索し、価格や売り出し文句を真似することで同じように売却できます。